PAGE TOP ▲



お肌に良い食べ物

お肌は健康のバラメータになっています。偏った食生活を続けていると内臓が弱ったり血行が悪くなるのですが、そんな不調はすぐに肌に現れてしまいます。
つまり、お肌に効果がある食品は健康にも良いと言うわけですね。
美肌効果のある食べ物を普段からなるべく多く取り入れて、体の中からキレイで健康を目指しましょう。

1:大豆
化粧品にも使われている有名な美肌食材です。
女性ホルモンに似た作用をすることで月経の調整効果もあると言われています。
お手軽に摂取できる黄粉や豆乳がオススメ。
また、おからには整腸作用。納豆には血液サラサラ効果など、加工食品にも素晴らしい効果が望めます。

2:お酢
調味料の1つとして家にある方も多いのではないでしょうか。
新陳代謝を活発にするのでシミやシワなどの対策に。日焼けした時にも取り入れたいですね。
直接飲み物として使う場合は、リンゴ酢や黒酢など飲みやすい物をチョイスすると続けやすいと思います。

3:旬の野菜、果物
ビタミンや食物繊維が豊富な野菜や果物。これだけを取っておけば良いと言うわけではなく、その季節に「旬」と言われる野菜や果物を積極的に摂取しましょう。
生のままはもちろん、スープやスムージーなど素材を無駄にしない調理法なら栄養が流れ出すのも防げます。

洗顔方法について

正しい洗顔を行っていますか?
毎日の事だからついつい手を抜いてしまいがちな洗顔。お肌への影響は化粧以上化もしれません。正しい洗顔方法をマスターして、お肌を清潔に保ちましょう。

1:擦りすぎない
泡だけで肌を撫でるように洗う…よく言われていることですが、中々できていない場合も多いです。泡立てネット等を使い、泡だけで洗えていますか?
また、泡立てる時にきちんと洗顔料と水を混ぜてもこもこに泡立てましょう。洗顔料だけで泡を作ってしまうと、肌への刺激が強すぎます。

2:ぬるま湯できちんと洗い流す
冷水や暑すぎるお湯もお肌にとってはダメージを与える原因になります。ぬるめのお湯で洗い残しがないように優しくすすぎましょう。

3:優しく拭き取る
タオルでごしごしと擦ってしまっては今までの努力が台無しです。
出来ればフェイス用の柔らかく吸水力の高いタオルで押さえるようにして拭きましょう。

睡眠時間について

お肌のゴールデンタイム(シンデレラタイム)と言う言葉を知っていますか?
22時から2時までの3時間に成長ホルモンが働いて、肌の新陳代謝が活発に行われるというもの。お肌の為にはその時間は眠りに入っているべきと言われています。
ですが最近は、眠りについて最初の3時間に深い眠りにつくことで成長ホルモンの恩恵を受けることが出来ると言われています。
寝る前にスマホなどの強い光を見ないように気を付けて、眠りを改善していきましょう。

ムダ毛のない肌に

憧れのつるつる美肌。自己処理では限界がありますよね。
今は脱毛サロンやクリニックも手の届く価格で施術してくれるところが多いです。

まずはキャンペーンなどをチェックして、自分に合った脱毛方法を確認してみましょう。
脱毛サロンの口コミで人気をチェックするのも良いと思います。人気がある=施術回数が多い。という事ですからね。人気がありすぎて予約が取れない…なんてこともあるので一応気にしておきましょう。

脱毛サロンNAVIは地域でも選べるので探しやすいですよ。
例えば…「福岡で人気の脱毛サロン→ラ・ヴォーグ」といった風に、地方もカバーしてくれています。